ヒアルロン酸は食生活で取りサプリメントも

食生活

ヒアルロン酸は顔に注射することでしわ改善治療に利用されることで知られていますが、もともと皮膚や関節、目などに含まれている成分で様々な役割を果たしている成分で、食生活でヒアルロン酸を増やすこともできます。

ヒアルロン酸は真皮にある繊維芽細胞が作り出すもので、繊維芽細胞はコラーゲンやエラスチンなど肌にハリをもたらす成分も作り出しています。繊維芽細胞が衰えるとコラーゲンなどの新陳代謝がスムーズに行なわれなくなり、生成も滞ってしまい、肌にハリがなくなりしわやたるみの原因となります。

ヒアルロン酸は鶏の軟骨、鶏手羽、豚足、鮭、フカヒレ、うなぎなどに多く含まれています。山芋や納豆、もずくなどにも多く含まれ、これらを食べることで合成されます。合成されるのですが、分子が大きく体内に取り入れても吸収されにくい場合があるので、サプリメントを活用することも良い方法です。サプリメントに使われているヒアルロン酸は低分子化したものやナノ化したものがあり、効率的に体内に吸収させるためにはサプリメントを活用すると良いです。