ヒアルロン酸のサプリメントのメカニズム

メカニズム

皮膚や関節、目に含まれているヒアルロン酸のメカニズムとはどういったものなのでしょうか?

ヒアルロン酸は水分を抱える働きをするので、関節では潤滑油の役割を果たし、皮膚においては肌の潤いとハリを保つ大きな役割があります。コラーゲンなどと同様、真皮にある線維芽細胞が作りだしているのですが、この細胞は年を重ねると、数が減ったり、働きが低下したりしてしまいます。線維芽細胞が衰えると、生成される各種成分も少なくなります。特に、ヒアルロン酸は真皮とコラーゲンなどの間に多く存在し、水分を蓄えていますので、その減少によって水分を維持することができなくなります。肌が乾燥するだけでなく、しわやたるみにもつながるのです。そのため、サプリメントで減少した分を補うことは、大きな意味を持つことになります。

ヒアルロン酸は、以前は分子が大きいため吸収率が悪いとされてきましたが、最近は分子の小さいものがサプリメントとして出てきました。分解されやすいので定期的な摂取が必要ですが、より速く、効果的にヒアルロン酸を取り入れることができるようになったというのは、嬉しい話ですね。